ブログ

脱毛基礎知識 ワキ・スネ編

af9920077911l

これまで脱毛の様々な方法を紹介してきましたが、今回は体の部位ごとに注意点や処理するときのコツを紹介したいと思います。
誤った処理を続けていると毛穴が黒ずむような色素沈着や赤みが残る、炎症を起こすなどの肌トラブルに見舞われる可能性が高くなります。
そんなことにならないように正しい処理のやり方と処理後のケアの方法をしっかり身につけましょう。
 女性にとっては処理をしているのが当たり前と思われがちで、適当な処理をしていようのなら男性に幻滅されてしまう部位がワキとスネです。
特にワキは夏場が近づくと誰もが念入りに処理をし、サロンやクリニックでは一番人気を誇る部位です。しかしシーズンが過ぎると雑な処理で済ましてしまっているのではないでしょうか。
ワキの皮膚は比較的弱い方で毛抜きやカミソリなどで力強く処理をするとすぐに傷つき、埋没毛や色素沈着になりやすいデリケートな部分です。
 処理をする際はお風呂に入るときなど皮膚に水分が入るときが望ましいです。水分が多いと毛穴も開き、肌にも傷がつきにくくなります。
そして処理するときはカミソリやシェーバーを使います。毛抜きはダメージが大きく、ワキのような弱い皮膚には埋没毛や炎症が起きやすいので厳禁です。
専用のクリーム等を塗ってから、できればよりダメージの少ないシェーバーを使って毛の生えている向きをよく見ながらゆっくり剃っていきます。
 その後ワキに水分をよく与えます。ワキ用のパックなどは市販のものはないので、きゅうりや柑橘系フルーツの輪切りなどを乗せるなどがオススメです。
処理後は特に乾燥に気をつけ、一日おきに化粧水をつけるなどで水分を与えます。
ワキは処理後はいつもより気をかけるようにしましょう。
 つづいてスネですが、だいたいのところはワキと同じです。
ワキよりは肌が強いのですが、雑にやってしまえば肌トラブルが起きてしまうことには変わりありません。
スネの処理で注意すべきなのは毛の生えている向きに合わせて剃ることです。
反対向きに剃ってしまうと刃が毛根を引っ張って毛穴が大きく開いてしまい、そこに雑菌が入って炎症や化膿する可能性があります。基本的には膝から足首の向きにシェーバーをゆっくりと降ろしていきます。
 女性なら気にしなければいけない風潮が強い世の中なので、忙しくても日頃からのケアを改善していきましょう。
最も理想的なのはサロンなどに通い、専門医からアドヴァイスを受けながら処理をしていくかたちです。専用の器具や知識がないとどうしても出来ることには限界があります。
もちろんこれはワキやスネに限った話ではなく全身のどこにでも当て嵌まることで、お金や時間に余裕があるのなら一度行ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ商品

  1. depiTime/デピタイム
  2. トリア・パーソナルレーザー・プレシジョン
  3. ケノン
ページ上部へ戻る