ブログ

脱毛基礎知識 レーザー・針

photo epilation

 現在、脱毛技術が進歩したことによって家でも出来るムダ毛処理の効果が上がってきました。サロンに行く時間がとれない人や脱毛にお金を掛けたくない人にはとてもありがたい傾向です。
ですが、脱毛サロンやクリニックで受けられる治療と同じ水準かというとそんなことはありません。自分では絶対に真似できない治療方法がレーザー脱毛と針脱毛です。
これらは最先端技術の結晶であり、レーザー治療は美容家電では比べるまでもないほどの効果を発揮し、針脱毛は随一の永久効果を誇ると言われています。
 レーザー脱毛は特に有名で、サロンで行われる脱毛治療の代表格です。
最近では美容家電としても売り出されるほどの人気があります。
利点はとにかく短期間で永久的な脱毛が実現されることで、出力が高ければ細い毛にも難なく対応できる点です。
 方法はレーザーを肌に照射し、毛の細胞に熱を集めて処理をするシンプルなものです。
基本的に処理を受けた毛からは新しく生えてくることはありませんが、毛には毛周期という毛が生え変わる時期があり、そのため数回処理を行う必要があります。
注意すべきは毛だけでなく、肌にもレーザーが当たるため火傷や赤みが出てしまう点です。肌が弱い人は施術前にテストで照射をしてもらうほうが良いでしょう。また痛みがあり、それが原因で辞めてしまう人が出るほどですので、麻酔を勧められたときは体に異常がない限りは使用したほうがいいと思います。
 より痛みが少なく似たような治療に光脱毛があります。
これは複数の波長の光を組み合わせたものを肌に照射して、毛の黒い色素に反応させることによって毛の細胞を処理する方法です。レーザー脱毛と同じように毛周期に合わせるために複数回の施術が必要です。また出力が弱かったり、色の薄い産毛や細い毛に対応できないなど、全体的にレーザー脱毛よりの下位互換といった印象を受けます。
 そしてレーザー脱毛以上の永久脱毛性を持っているのが針脱毛です。
方法は毛穴に針を刺し、電流あるいは高周波を流して処理します。
最近では電流と高周波の両方を流すブレンド式が大半で、他の脱毛処理に比べて高い永久効果が現れています。
しかし、一箇所ごとに長時間かかる、料金が高め、他の施術により痛みが強い、顔に赤みが残るなどデメリットもすさまじいものになっています。
時間とお金がかかるので、手が出しにくいものとなっていますがそれだけに術後の効果には確かです。徹底的に脱毛したい人にはオススメです。
 これらの治療は医師によるカウンセリングや検査の後に行われるので安全性は保証されていますが医師の指示にちゃんと従い、術後に異常があったときはすぐに連絡するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ商品

  1. トリア・パーソナルレーザー・プレシジョン
  2. ケノン
  3. depiTime/デピタイム
ページ上部へ戻る